実践カリキュラム シラバスバックナンバー(2012年度)

実践カリキュラム 一覧(2012年度)                    <前期> <後期>

2012年度後期
  • 博士実践特論A:イノベーションリーダーシップ(Innovation Leadership)
    【早稲田大学 大学院カリキュラム】
    • 講義日程
      2012/10/6〜2012/11/17 後期集中講義
    • 担当教員
      朝日 透 (早稲田大学 理工学術院教授)
      杉浦 正和 (早稲田大学 商学学術院教授 (早稲田大-シンガポール南洋工科大ダブルMBA プログラムディレクター))
      大滝 令嗣 (早稲田大学大学院 商学研究科教授)
      鶴谷 武親 (早稲田大学 商学学術院非常勤講師 (フューチャーインスティテュート(株), グリッドマーク(株), ポリゴンマジック(株)代表取締役社長))

このページのTOPへ

2012年度前期
  • 博士実践特論A:イノベーションリーダーシップ(Innovation Leadership)
    【早稲田大学 大学院カリキュラム】
    • 講義日程
      2012/5/12〜2012/6/23(前期集中講義)
    • 担当教員
      朝日 透 (早稲田大学 理工学術院教授)
      杉浦 正和 (早稲田大学 商学学術院教授 (早稲田大-シンガポール南洋工科大ダブルMBA プログラムディレクター))
      大滝 令嗣 (早稲田大学大学院 商学研究科教授)
      鶴谷 武親 (早稲田大学 商学学術院非常勤講師 (フューチャーインスティテュート(株), グリッドマーク(株), ポリゴンマジック(株)代表取締役社長))
  • 博士実践特論S:ロジカル・コミュニケーション
    【早稲田大学 大学院カリキュラム】
    • 講義日程
      2012/5/7〜2012/6/11(前期集中講義)
    • 担当教員
      朝日 透 (早稲田大学 理工学術院教授)
      安田 正 (早稲田大学 理工学術院非常勤講師 ((株)パンネーションズコンサルティンググループ代表取締役))
      上原 千友 (早稲田大学 理工学術院非常勤講師 ((株)パンネーションズ・コンサルティング・グループ 開発部主任/シニアインストラクター))

このページのTOPへ

実践カリキュラム 詳細

2012年度後期

博士実践特論A:イノベーションリーダーシップ(Innovation Leadership)

【早稲田大学 大学院カリキュラム:2単位】

  • 担当教員
    朝日 透 (早稲田大学 理工学術院教授)
    杉浦 正和 (早稲田大学 商学学術院教授 (早稲田大-シンガポール南洋工科大ダブルMBA プログラムディレクター))
    大滝 令嗣 (早稲田大学大学院 商学研究科教授)
    鶴谷 武親 (早稲田大学 商学学術院非常勤講師 (フューチャーインスティテュート(株), グリッドマーク(株), ポリゴンマジック(株)代表取締役社長))

  • 講義日程
    2012/10/6〜2013/11/17(後期集中講義)

  • 使用教室
    第1回〜7回  :早稲田キャンパス(本部キャンパス) 11号館1105教室
    第8回〜9回  :西早稲田キャンパス(理工キャンパス)  54号館B03教室
    第10回     :コースナビ
    第11回〜15回 :西早稲田キャンパス(理工キャンパス) 54号館B03教室

  • 講義概要
    産業界においてイノベーションを惹起するためには、研究力を高めるだけでなく、マネジメント力、リーダーシップ、ネゴシエーション力などが必要になります。本講義では、それらの力を高めるための考え方や基本的スキルを学びます。

    博士キャリアセンター実践博士研修(企業へのインターンシップ)への参加を希望している学生は、本講義への参加を強く推奨します。

    クラスは、教員とクラス参加者あるいはクラス参加者同士のインタラクティブ(双方向)のものとなります。単に出席するだけではなく、自ら主体的に学びの場に「参画」し、互いに「コミュニケート」することが求められ、場合によってはそのような場を講師と共に「マネージ」し、さらに「リード」していくことが期待されます。
    なお、このようなスタイルでのクラス運営は一定の人数を越えないことが効果的であるため、受講希望者が想定を超える場合には選抜をいたします。

  • 講義の到達目標
    リーダーシップとは何かを考えさせ、それを発揮するための思考力や交渉力を養うことを目標としています。

  • シラバス(授業計画)
    第1回:10月6日(土)   13:00-13:50  オリエンテーション(朝日)
    第2回:10月6日(土)   14:00-15:30  リーダーシップ1(杉浦)
    第3回:10月6日(土)   15:40-17:10  リーダーシップ2(杉浦)
    第4回:10月6日(土)   17:20-18:50  リーダーシップ3(杉浦)
    第5回:10月20日(土)3限 13:00-14:30  リーダーシップ4(大滝)
    第6回:10月20日(土)4限 14:45-16:15  リーダーシップ5(大滝)
    第7回:10月20日(土)5限 16:30-18:00  リーダーシップ6(大滝)
    第8回:10月27日(土)3限 13:00-14:30  ネゴシエーションスキル1(鶴谷)
    第9回:10月27日(土)4限 14:45-16:15  ネゴシエーションスキル2(鶴谷)
    第10回:11月3日(土)  コースナビにて学習した内容の点検と確認(朝日)
    第11回:11月10日(土)3限 13:00-14:30  ネゴシエーションスキル3(鶴谷)
    第12回:11月10日(土)4限 14:45-16:15  ネゴシエーションスキル4(鶴谷)
    第13回:11月17日(土)3限 13:00-14:30  ネゴシエーションスキル5(鶴谷)
    第14回:11月17日(土)4限 14:45-16:15  ネゴシエーションスキル6(鶴谷)
    第15回:11月17日(土)5限 16:30-18:00  理解度確認(朝日)


  • 教科書
    1. リーダーシップについては参考となる小冊子を当日配布します

  • 参考文献
    1. 「交渉ハンドブック」, 藤田忠監修, 東洋経済.
    2. 「ハーバード流交渉術」, フィッシャー著, 三笠書房.
    3. 「木を見る西洋人 森を見る東洋人」, ニスベット著, ダイヤモンド社.
    4. 「マーケティングの心理学」, 重田修治著, アスカビジネス.

  • 成績評価方法
    試験 0% 試験は実施しない
    レポート 20% 講師が出す課題のレポートを提出
    平常点評価 70% 対話型講義ならびにグループディスカッション型講義に対する参加度
    その他 10% 講師から指定されたコミュニケーション能力養成のためのセミナーやシンポジムへの参加とそのレポート

  • 備考
    ・定員30名を超えた場合は抽選とします。
    修士課程学生は受講不可。
    ※他大生・ポスドクの受講には、通学中の事故などをカバーする保険加入が必要。
    ※ひとクラスに占める他大生・ポスドクの割合に制限あり。

カリキュラム一覧に戻る>>


実践的英語教育プログラム: Advanced Technical Presentation

【早稲田大学 大学院カリキュラム:1単位】

    博士キャリアセンターでは、△旅峙舛鮗講することを推奨致します。

  • 担当教員
    デイビス ロジャー (DAVIES, Roger J) (早稲田大学 理工学術院非常勤講師)
    ローズ ラルフ (ROSE, Ralph L) (早稲田大学 理工学術院准教授)
    ファーン グレン (FERN, Glenn) (早稲田大学 理工学術院非常勤講師)
    アントニ ローレンス (ANTHONY, Laurence) (早稲田大学 理工学術院教授)

  • 講義日程
    2012/10/1〜2013/2/4(後期) 月曜16:30〜18:00(5限)
    2012/10/2〜2013/2/5(後期) 火曜18:15〜19:45(6限)
    2012/10/3〜2013/1/30(後期) 水曜18:15〜19:45(6限)
    2013/2/1, 2, 3(集中講義) 9:00〜18:00(1〜5限)

  • 使用教室
    早稲田大学 西早稲田キャンパス(旧大久保キャンパス)
    61-302
    54-101
    54-102
    ざ擬写つ

  • 講義概要
    In this course, students will develop the oral presentation skills needed to present scientific and technical research findings in their specialist field to an international conference audience. The course will be divided into four parts. In the first part of the course, there will be general discussion on the macro level aspects of oral presentations that need to be considered during the preparation process. These include purpose, intended audience, organization, flow, style, and delivery. There will also be a discussion on the problems associated with presentation Q&A and effective strategies to deal with these. In the second part of the course, there will be a short tutorial on how presentation software applications can be effectively used to explain the background, methods, results, and conclusions of scientific and engineering studies. In the third part of the course, students will be required to prepare and then give an oral presentation introducing the background to their current research. Students in the audience will be required to ask questions during the question time session, and submit a report on their impressions of the presentation and areas they think could be improved. Following a similar procedure, in part four of the course, students will be required to prepare and give a more complete presentation on the findings of their research similar to that given at an international conference. As in part three, students in the audience will be required to ask questions and submit an evaluation report. After each set of presentations, there will be a general discussion and feedback session that highlights problems and areas for improvement.

  • 履修上の注意
    1. Students are required to work individually or in groups, and give a series presentations of increasing sophistication in English during the span of the course. Students are also required to evaluate and submit reports on the presentations of other students in the class. Therefore, attendance and participation are an integral part of the course.
    2. A basic tutorial on the use of presentation software (Microsoft PowerPoint) will be given, although prior knowledge of such software is desired.

  • シラバス(授業計画)
    Week 1
    (1) General Introduction: Aims of course. Evaluation procedure.
    (2) Overview of Oral Presentations: Importance of oral presentations. Types of oral presentations. Differences between Japanese and English presentations.
    (3) Introductory-Presentation: Experiencing the problems of talking in front of people
    (4) Introductory-Presentation: Understanding body language

    Week 2
    Considerations when preparing an oral presentation - audience, purpose, organization

    Week 3
    Considerations when preparing an oral presentation - organization, style, flow, delivery

    Week 4
    (1) Introduction to presentation software (PowerPoint)
    (2) Slide design in PowerPoint (mastering the master slide)
    (3) Navigating slides in PowerPoint

    Week 5
    (1)Overview of Presentation One - Background to current research.
    (2)General design and format for Presentation One.
    (3)Guidelines for preparing presentations and completing evaluation reports.

    Week 6
    Presentation One (session 1) - Background to current research
    (5 minute presentation, 2 minute question/answer session)

    Week 7
    Presentation One (session 2) - Background to current research
    (5 minute presentation, 2 minute question/answer session)

    Week 8
    Presentation One discussion and feedback.

    Week 9
    Language of presentations (1)
    Explaining the Title/Outline/Introduction/Conclusion sections of a presentation

    Week 10
    Language of presentations (2)
    Explaining science and engineering methods/processes

    Week 11
    Language of presentations (3)
    Explaining data in the form of figures/tables

    Week 12
    Language of presentations (4)
    Understanding and answering questions from the audience

    Week 13
    (1) Overview of Presentation Two - Findings of current research
    (2) General design and format for Presentation Two.
    (3) Guidelines for preparing presentations and completing evaluation reports.
    (4) Group Work

    Week 14
    Presentation Two (session 1) - Findings of current research
    (8 minute presentation, 2 minute question/answer session)

    Week 15
    Presentation Two (session 2) - Findings of current research
    (8 minute presentation, 2 minute question/answer session)

  • 使用される言語
    English

  • 教科書・参考書・資料等
    Anthony, L. (2009) Presenting Research in Science and Engineering(2nd Edition).
    DTP Publishing, Tokyo, Japan.

  • 成績評価・方法
    Students will be evaluated based on a portfolio of work comprising of:
    1) Materials used to prepare a presentation on the background to their current research.
    2) PowerPoint file for the presentation on the background to their current research.
    3) Materials used to prepare a presentation on the findings of their current research.
    4) PowerPoint file for the presentation on the findings of their current research.
    5) Evaluation reports for other students’ presentations.

  • 備考
    ・受講の意志があり毎週の受講が可能な者に限る。
    ・定員を超えた場合は抽選になります。
    ※本学ポスドクの受講には、通学中の事故などをカバーする保険加入が必要。
    ※ひとクラスに占める本学ポスドクの割合に制限あり。

カリキュラム一覧に戻る>>


実践的英語教育プログラム: Advanced Technical Reading and Writing 2

【早稲田大学 大学院カリキュラム:1単位】

    博士キャリアセンターでは、△旅峙舛鮗講することを推奨致します。

  • 担当教員
    デイビス ロジャー (DAVIES, Roger J) (早稲田大学 理工学術院非常勤講師)
    国吉 ニルソン (KUNIOSHI, Nilson) (早稲田大学 理工学術院准教授)
    プロシャン チェスター (PROSHAN, Chester) (早稲田大学 理工学術院非常勤講師)

  • 講義日程
    2012/10/1〜2013/2/4(後期) 月曜18:15〜19:45(6限)
    2012/10/2〜2013/2/5(後期) 火曜14:45〜16:15(4限)
    2012/9/28〜2013/2/1(後期) 金曜18:15〜19:45(6限)

  • 使用教室
    早稲田大学 西早稲田キャンパス(旧大久保キャンパス)
    61-302
    63号館3階端末室Dルーム
    61-104

  • 講義概要
    In this course, students will develop the scientific and technical reading and writing skills they need to understand and construct research articles in their specialist field. The course will be divided into three parts. In the first part of the course, students will review what was taught in Advanced Technical Reading and Writing 1. In particular, they will study about the characteristic features of quality research studies, and how science and engineering research articles are constructed in terms of intended audience, purpose, organization, flow, style, and presentation.. Using text analysis tools, students will also learn to identify the unique features of technical texts in their particular field. In the second part of the course, students will find a suitable “Call for Papers” from a journal in their field, and then, following the journal’s “Instructions for Authors,” write a research paper. At each stage in the writing process, students will learn about important aspects of writing, such as how to paraphrase, cite, and reference previous work, how to explain figures and tables, and how to summarize the research in the form of an abstract.

  • 履修上の注意
    1. Students are expected to attend each class, and actively participate in group and class discussions. Students will also be required to complete all homework exercises, and submit an extended report at the end of the semester.
    2. Bringing an advanced English/Japanese dictionary to class is recommended.

  • シラバス(授業計画)
    Week 1
    Introduction to Technical Writing
    Review of Advanced Technical Reading and Writing 1:
    What is research? How do you structure a research paper.

    Week 2
    Basic Principles in Technical Writing:
    Audience, Purpose, Structure, Style, Presentation

    Week 3
    Introduction to text analysis tools (1):
    analyzing biographies

    Week 4
    Introduction to text analysis tools (2):
    analyzing biographies 2

    Week 5
    First steps in text analysis (1):
    Building a corpus of research papers

    Week 6
    First steps in text analysis (2):
    Creating vocabulary lists, searching for words, phrases, and grammar patterns

    Week 7
    Writing a research paper proposal:
    choosing a topic, deciding a methodology

    Week 8
    Preparing to write a research paper:
    understanding the "Instructions for Authors" guide in a research journal, understanding the importance of citation and references

    Week 9
    Writing a research paper title:
    keywords, noun phrases, and prepositions

    Week 10
    Week 10 Writing a research paper introduction:
    writing definitions, understanding tense usage

    Week 11
    Writing a research paper methods section:
    explaining methods and processes

    Week 12
    Writing a research paper results section:
    explaining figures and tables, adjusting the strength of interpretations using hedging

    Week 13
    Writing a research paper discussion/conclusion section:
    summarizing results, adjusting the strength of interpretations using hedging

    Week 14
    Writing a research paper reference section:
    citation and reference formatting in specialists fields

    Week 15
    Wrap-up:
    Summary of course
    Final report submission details

  • 使用される言語
    English

  • 教科書・参考書・資料等
    Course materials will be distributed in the first lesson.

  • 成績評価・方法
    Student evaluations will be based on a series of written reports, class participation, and an end of term report.

  • 備考
    ・受講の意志があり毎週の受講が可能な者に限る。
    ・定員を超えた場合は抽選になります。
    ※本学ポスドクの受講には、通学中の事故などをカバーする保険加入が必要。
    ※ひとクラスに占める本学ポスドクの割合に制限あり。

カリキュラム一覧に戻る>>


実践的英語教育プログラム:Professional Communication 2

【早稲田大学 大学院カリキュラム:1単位】

    博士キャリアセンターでは、,旅峙舛鮗講することを推奨致します。

  • 担当教員
    金徳 多恵子 (KINTOKU, Taeko) (早稲田大学 理工学術院非常勤講師)

  • 講義日程
    2012/9/28〜2013/2/1(後期) 金曜14:45〜16:15(4限)

  • 使用教室
    早稲田大学 西早稲田キャンパス(旧大久保キャンパス)61-302  

  • 講義概要
    The objective of this course is to guide students in the writing of common text types (genres) needed when working in scientific and engineering communities and presenting that information in an oral form. Students will first study the essential skills of good professional communication: accuracy, clarity, and conciseness. They will then learn to apply these skills in the writing of e-mails, memos, summaries, proposals, and technical reports. At the end of the course, students will polish their oral presentation skills, and learn how to design an effective presentation that communicates their message in an accurate, clear, and concise manner.
    ※金徳先生より
    [英語による論文や科学技術ドキュメント(文書)は、機械的な和文英訳では解決できない多くの問題やルールを含んでいる。科学・技術論文、レポートを中心として、各種英語文書(Eメール、サマリー、提案書等)を書く基本かつ必携のルールを講義と演習を通して指導する。また、プレゼンテーションにおける論理構成、及び効果的なコミュニケーションに不可欠なトーン(語調)、スタイル等についても指導する]

  • 履修上の注意
    (1) Students are expected to attend each class, and actively participate in group and class discussions. Students will also be required to complete all homework exercises, and submit an extended report at the end of the semester.
    (2) Bringing an advanced English dictionary to class is recommended.

  • シラバス(授業計画)
    Week 1
    Introduction to Professional Communication:
    Importance of accuracy, clarity, and conciseness in technical writing and communication
    Review of Professional Communication 1

    Week 2
    Professional communication basics:
    Writing at the sentence, paragraph and text level: audience, purpose, organization, flow, style, and presentation

    Week 3
    Professional Communication Genres 1a: Email and Memo writing - part 1

    Week 4
    Professional Communication Genres 1b: Email and Memo writing - part 2

    Week 5
    Professional Communication Genres 2a: Summary writing - part 1

    Week 6
    Professional Communication Genres 2b: Summary writing - part 2

    Week 7
    Professional Communication Genres 3a: Proposal writing - part 1

    Week 8
    Professional Communication Genres 3b: Proposal writing - part 2

    Week 9
    Professional Communication Genres 4a: Technical report writing - part 1

    Week 10
    Professional Communication Genres 4b: Technical report writing - part 2

    Week 11
    Technical Presentation Basics 1:
    Writing and speaking conventions in professional communication

    Week 12
    Presentation Basics 2: Planning an oral presentation

    Week 13
    Student presentations 1

    Week 14
    Student presentations 2

    Week 15
    Summary of course
    Final report submission details

  • 使用される言語
    English

  • 教科書・参考書・資料等
    Course materials will be announced in the first lesson.

  • 成績評価・方法
    Student evaluations will be based on class participation, a series of homework exercises, and an end of term report.

  • 備考
    ・受講の意志があり毎週の受講が可能な者に限る。
    ・定員を超えた場合は抽選になります。
    ※本学ポスドクの受講には、通学中の事故などをカバーする保険加入が必要。
    ※ひとクラスに占める本学ポスドクの割合に制限あり。

カリキュラム一覧に戻る>>


実践的英語教育プログラム:Professional Communication 2

【早稲田大学 大学院カリキュラム:1単位】

    博士キャリアセンターでは、,旅峙舛鮗講することを推奨致します。

  • 担当教員
    プロシャン チェスター (PROSHAN, Chester) (早稲田大学 理工学術院非常勤講師)

  • 講義日程
    2012/9/28〜2013/2/1(後期) 金曜16:30〜18:00(5限)

  • 使用教室
    早稲田大学 西早稲田キャンパス(旧大久保キャンパス)61-104

  • 講義概要
    The objective of this course is to guide students in the writing of common text types (genres) needed when working in scientific and engineering communities and presenting that information in an oral form. Students will first study the essential skills of good professional communication: accuracy, clarity, and conciseness. They will then learn to apply these skills in the writing of e-mails, memos, summaries, proposals, and technical reports. At the end of the course, students will polish their oral presentation skills, and learn how to design an effective presentation that communicates their message in an accurate, clear, and concise manner.

  • 履修上の注意
    (1) Students are expected to attend each class, and actively participate in group and class discussions. Students will also be required to complete all homework exercises, and submit an extended report at the end of the semester.
    (2) Bringing an advanced English/Japanese dictionary to class is recommended.
    (1) Students are expected to attend each class, and actively participate in group and class discussions. Students will also be required to complete all homework exercises, and submit an extended report at the end of the semester.
    (2) Bringing an advanced English dictionary to class is recommended.

  • シラバス(授業計画)
    Week 1
    Introduction to Professional Communication:
    Importance of accuracy, clarity, and conciseness in technical writing and communication
    Review of Professional Communication 1

    Week 2
    Professional communication basics:
    Writing at the sentence, paragraph and text level: audience, purpose, organization, flow, style, and presentation

    Week 3
    Professional Communication Genres 1a: Email and Memo writing - part 1

    Week 4
    Professional Communication Genres 1b: Email and Memo writing - part 2

    Week 5
    Professional Communication Genres 2a: Summary writing - part 1

    Week 6
    Professional Communication Genres 2b: Summary writing - part 1

    Week 7
    Professional Communication Genres 3a: Proposal writing - part 1

    Week 8
    Professional Communication Genres 3b: Proposal writing - part 2

    Week 9
    Professional Communication Genres 4a: Technical report writing - part 1

    Week 10
    Professional Communication Genres 4b: Technical report writing - part 2

    Week 11
    Technical Presentation Basics 1:
    Writing and speaking conventions in professional communication

    Week 12
    Presentation Basics 2: Planning an oral presentation

    Week 13
    Student presentations 1

  • 使用される言語
    English

  • 教科書・参考書・資料等
    Course materials will be announced in the first lesson.

  • 成績評価・方法
    調整中

  • 備考
    ・受講の意志があり毎週の受講が可能な者に限る。
    ・定員を超えた場合は抽選になります。
    ※本学ポスドクの受講には、通学中の事故などをカバーする保険加入が必要。
    ※ひとクラスに占める本学ポスドクの割合に制限あり。

カリキュラム一覧に戻る>>


実践的英語教育プログラム:Professional Communication 2

【早稲田大学 大学院カリキュラム:1単位】

    博士キャリアセンターでは、,旅峙舛鮗講することを推奨致します。

  • 担当教員
    平井 通宏 (HIRAI, Michihiro) (有限会社平井ランゲージ・サービシズ 取締役社長、早稲田大学 理工学術院非常勤講師)

  • 講義日程
    2012/10/2〜2013/2/5(後期) 火曜16:30〜18:00(5限)

  • 使用教室
    早稲田大学 西早稲田キャンパス(旧大久保キャンパス)54-201

  • 講義概要
    The objective of this course is to guide students in the writing of common types of technical text, and in oral communication, in English in academia and industry. Students will first study (review) fundamentals of technical writing and how to structure a good paper/report. They will also learn how to apply these rules and guidelines to typical types of text in real life including email and job application. Then they will learn basic rules and guidelines in oral presentations and guided to create and give a technical presentation of their own. Finally they will learn how to apply their oral communication skills to typical situations in industry, including telephoning and meetings.
    Students are required to submit a short paper/report and give a presentation in the field of science and engineering.

  • 授業の到達目標
    Students will be able to write a short paper or report that is comprehensible while meeting basic guidelines of technical writing and also to give an unsophisticated technical presentation in English.

  • 履修上の注意
    Students are expected to attend each class and participate in class activities (especially in the presentation part). They are also required to complete all homework and submit a paper/report and a presentation in the field of science and engineering.

  • シラバス(授業計画)
    Week 1
    Overview of the course; Fundamentals of technical writing (word-level)

    Week 2
    Fundamentals of technical writing (sentence-level and paragraphing)

    Week 3
    Fundamentals of technical writing (Six basic aspects)

    Week 4
    Writing a short technical paper/report

    Week 5
    Writing email

    Week 6
    Writing CV (resume) and job application

    Week 7
    Fundamentals of technical presentation: Basic rules; Organization

    Week 8
    Fundamentals of technical presentation: Slides; Scripts

    Week 9
    Fundamentals of technical presentation: Language for presentation (1)

    Week 10
    Fundamentals of technical presentation: Language for presentation (2)

    Week 11
    Students' presentations (1)

    Week 12
    Students' presentations (2)

    Week 13
    Telephoning

    Week 14
    Meeting

    Week 15
    End-of-the-term test; Summary of the course

  • 使用される言語
    English

  • 教科書・参考書・資料等
    No set textbooks
    Course materials will be distributed ad hoc.

    For the presentation part, "エンジニアのための英語プレゼンテーション超克服テキスト" (平井通宏著、オーム社) will be used as a supplementary material (not mandatory).

  • 成績評価・方法
    試験 20% The end-of-the-term written test will check the level of mastery of fundamentals of written and oral communication.
    レポート 20% Weekly homework will check the level of comprehension of what was taught in each class.
    平常点評価 10% Attendance and participation in class activities will be evaluated.
    その他 50% The paper/report and the presentation will be evaluated in terms of how successfully the student has applied what he/she has learned in the course.

  • 備考
    ・受講の意志があり毎週の受講が可能な者に限る。
    ・定員を超えた場合は抽選になります。
    ※本学ポスドクの受講には、通学中の事故などをカバーする保険加入が必要。
    ※ひとクラスに占める本学ポスドクの割合に制限あり。

カリキュラム一覧に戻る>>


実践的英語教育プログラム: Workplace English 2(Workplace Negotiation)

【早稲田大学 大学院カリキュラム:1単位】

  • 担当教員
    藤井 正嗣 (FUJII, Masatsugu) (早稲田大学 理工学術院教授)

  • 講義日程
    2012/10/2〜2013/2/5(後期) 火曜14:45〜16:15(4限)

  • 使用教室
    早稲田大学 西早稲田キャンパス(旧大久保キャンパス)54-201

  • 講義概要
    Course Outline:

    In this course, students will develop their workplace negotiation skills through lectures, videos, and role-plays. Activities will include listening to lectures in class, watching videos, analyzing negotiations, learning negotiation skills, tactics and strategies, and conducting negotiations in the classroom. Cases used in the classroom are developed by the instructor based on his real-life experiences.

    Course Goals:

    1. Understand purpose of workplace negotiations
    2. Learn 13 workplace negotiation skills and know-how’s
    3. Learn negotiation theory, tactics and strategies
    4. Conduct negotiations

  • 履修上の注意
    This is a very interactive class. Students are encouraged to participate actively in class discussions and role-plays.
    Students who miss more than 33% of the classes will receive an F for their final grade.

  • シラバス(授業計画)
    Class Schedule:

    Week 1 Orientation
    Week 2 Be Charming/Think on Your Feet
    Week 3 Be Assertive/Use Strengths to Your Advantage
    Week 4 Be Attractive/Learn American Negotiation Style
    Week 5 Take Charge/Learn Non-Verbal Negotiation
    Week 6 Be Flexible/Separate the People from the Problem
    Week 7 Be Proactive/Learn How to Handle Information
    Week 8 Be Persuasive/Learn How to Use A Mild Threat
    Week 9 Be Respectful/Avoid Sexual Harassment
    Week 10 Be Fair/Ask Logical Questions
    Week 11 Be Specific/Disarm
    Week 12 Show Concern/Negotiate with Heart
    Week 13 Be Logical/Learn Japanese Negotiation Style
    Week 14 What is Good Negotiation?
    Week 15 Final Examination

  • 使用される言語
    English

  • 教科書
    Necessary materials wil be provided by the instructor in the classroom.

  • 参考文献
    The following book is recommended but not required.

    1. Masatsugu Fujii and Richard Sheehan. MBA Basics in English. 1st ed. Tokyo: NHK Publishing, 2002.
    2. Masatsugu Fujii and Richard Sheehan. The Practical MBA for Business and Classroom Use. 1st ed. Tokyo: Chukei Shuppan 2008.

    関連URL;
    https://www.wnp7.waseda.jp/Rdb/app/ip/ipi0211.html?lang_kbn=0&kensaku_no=2875
    http://www.celese.sci.waseda.ac.jp/faculty/node/103

  • 成績評価・方法
    試験 70%: Quizzes and Role-Plays = 30 %, Final Examination = 40 %
    平常点評価 30%: Students are evaluated based on their contribution to class discussions.

  • 備考
    ・受講の意志があり毎週の受講が可能な者に限る。
    ・定員を超えた場合は抽選になります。
    ※本学ポスドクの受講には、通学中の事故などをカバーする保険加入が必要。
    ※ひとクラスに占める本学ポスドクの割合に制限あり。

カリキュラム一覧に戻る>>


2012年度前期

博士実践特論A:イノベーションリーダーシップ(Innovation Leadership)

【早稲田大学 大学院カリキュラム:2単位】

  • 担当教員
    朝日 透 (早稲田大学 理工学術院教授)
    杉浦 正和 (早稲田大学 商学学術院教授 (早稲田大-シンガポール南洋工科大ダブルMBA プログラムディレクター))
    大滝 令嗣 (早稲田大学大学院 商学研究科教授)
    鶴谷 武親 (早稲田大学 商学学術院非常勤講師 (フューチャーインスティテュート(株), グリッドマーク(株), ポリゴンマジック(株)代表取締役社長))

  • 講義日程
    2012/5/12〜2012/6/23(前期集中講義)

  • 使用教室
    第1回、第10回〜第12回:早稲田キャンパス(本部キャンパス)11-1105
    第2回〜第4回:早稲田キャンパス(本部キャンパス)11-904
    第5回〜第8回、第13回〜第15回:西早稲田キャンパス(理工キャンパス) 54-B02

  • 講義概要
    産業界においてイノベーションを惹起するためには、研究力を高めるだけでなく、マネジメント力、リーダーシップ、ネゴシエーション力などが必要になります。本講義では、それらの力を高めるための考え方や基本的スキルを学びます。

    博士キャリアセンター実践博士研修(企業へのインターンシップ)への参加を希望している学生は、本講義への参加を強く推奨します。

    クラスは、教員とクラス参加者あるいはクラス参加者同士のインタラクティブ(双方向)のものとなります。単に出席するだけではなく、自ら主体的に学びの場に「参画」し、互いに「コミュニケート」することが求められ、場合によってはそのような場を講師と共に「マネージ」し、さらに「リード」していくことが期待されます。
    なお、このようなスタイルでのクラス運営は一定の人数を越えないことが効果的であるため、受講希望者が想定を超える場合には選抜をいたします。

  • 講義の到達目標
    リーダーシップとは何かを考えさせ、それを発揮するための思考力や交渉力を養うことを目標としています。

  • シラバス(授業計画)

    第1回:5月12日(土) 4限 15:20-16:50 オリエンテーション(朝日)
    第2回:5月12日(土) 5限 17:00-18:30リーダーシップ1(杉浦)
    第3回:5月12日(土) 6限 18:40-20:10リーダーシップ2(杉浦)
    第4回:5月12日(土) 7限 20:20-21:50リーダーシップ3(杉浦)
    第5回:5月19日(土) 3限 13:00-14:30 ネゴシエーションスキル1(鶴谷)
    第6回:5月19日(土) 4限 14:45-16:15 ネゴシエーションスキル2(鶴谷)
    第7回:5月26日(土) 3限 13:00-14:30 ネゴシエーションスキル3(鶴谷)
    第8回:5月26日(土) 4限 14:45-16:15 ネゴシエーションスキル4(鶴谷)
    第9回:6月9日(土)3限 13:00-14:30コースナビにて学習した内容の点検と確認(朝日)
    第10回:6月16日(土)3限 13:00-14:30 リーダーシップ4(大滝)
    第11回:6月16日(土 4限 14:45-16:15 リーダーシップ5(大滝)
    第12回:6月16日(土 )5限 16:30-18:00 リーダーシップ6(大滝)
    第13回:6月23日(土)3限 13:00-14:30 ネゴシエーションスキル5(鶴谷)
    第14回:6月23日(土)4限 14:45-16:15 ネゴシエーションスキル6(鶴谷)
    第15回:6月23日(土) 5限 16:30-18:00 全体のとりまとめ(朝日)

  • 教科書
    1. リーダーシップについては参考となる小冊子を当日配布します

  • 参考文献
    1. 「交渉ハンドブック」, 藤田忠監修, 東洋経済.
    2. 「ハーバード流交渉術」, フィッシャー著, 三笠書房.
    3. 「木を見る西洋人 森を見る東洋人」, ニスベット著, ダイヤモンド社.
    4. 「マーケティングの心理学」, 重田修治著, アスカビジネス

  • 成績評価方法
    試験 0%
    レポート 20% 講師が出す課題のレポートを提出
    平常点評価 70% 対話型講義ならびにグループディスカッション型講義に対する参加度
    その他 10% 講師から指定されたコミュニケーション能力養成のためのセミナーやシンポジムへの参加とそのレポート

  • 備考
    ・定員30名を超えた場合は抽選とします。
    ※他大生・ポスドクの受講には、通学中の事故などをカバーする保険加入が必要。
    ※ひとクラスに占める他大生・ポスドクの割合に制限あり。

カリキュラム一覧に戻る>>


博士実践特論S:ロジカル・コミュニケーション

【早稲田大学 大学院カリキュラム:2単位】

  • 担当教員
    朝日 透 (早稲田大学 理工学術院教授)
    安田 正 (早稲田大学 理工学術院非常勤講師 ((株)パンネーションズコンサルティンググループ代表取締役))
    上原 千友 (早稲田大学 理工学術院非常勤講師 ((株)パンネーションズ・コンサルティング・グループ 開発部主任/シニアインストラクター))

  • 講義日程
    2012/5/7〜2012/6/11(前期集中講義)

  • 使用教室
    早稲田大学 西早稲田キャンパス(旧大久保キャンパス)58-319
  • 講義概要
    共同で研究やプロジェクトを進める際に、相手に「正確に伝える」および「快適に伝える」という2つの切り口からコミュニケーションスキルを学ぶ講義です。グループディスカッション・グループプレゼンテーションなども実施する。

  • 講義の到達目標
    1.<ロジカル・コミュニケーション 〜正確に伝えるスキル〜>
    情報を共有し、伝達して研究を進める際、「正確に伝える」スキルは欠かせません。なぜ、分かりにくい話になってしまうのか、その問題解決法をアウトライン化技法を用いて学びます。
    2.<対人対応 コミュニケーション 〜快適に伝えるスキル〜> 
      正確に伝えることができたとしても、その伝え方が相手にとって不愉快なものであったら、受け入れてもらえないでしょう。交流分析の手法をアレンジし、「快適に伝える」スキルとその論理を学びます。


  • シラバス(授業計画)
    第1回:5月7日(月)3限 13:00-14:30 オリエンテーション(朝日)
    第2回:5月7日(月)4限 14:45-16:15 ロジカル・コミュニケーション1 (安田)
    第3回:5月7日(月)5限 16:30-18:00 ロジカル・コミュニケーション2 (安田)
    第4回:5月14日(月)4限 14:45-16:15 ロジカル・コミュニケーション3 (安田)
    第5回:5月14日(月)5限 16:30-18:00 ロジカル・コミュニケーション4 (安田)
    第6回:5月21日(月)4限 14:45-16:15 ロジカル・コミュニケーション5 (安田)
    第7回:5月21日(月)5限 16:30-18:00 ロジカル・コミュニケーション6 (安田)
    第8回:5月28日(月)3限 13:00-14:30 コースナビにて学習した内容の点検と確認(朝日)
    第9回:5月28日(月)4限 14:45-16:15 対人対応コミュニケーション1 (上原)
    第10回:5月28日(月)5限 16:30-18:00 対人対応コミュニケーション2 (上原)
    第11回:6月4日(月)4限 14:45-16:15 対人対応コミュニケーション3 (上原)
    第12回:6月4日(月)5限 16:30-18:00 対人対応コミュニケーション4 (上原)
    第13回:6月11日(月)4限 14:45-16:15 対人対応コミュニケーション5 (上原)
    第14回:6月11日(月)5限 16:30-18:00 対人対応コミュニケーション6 (上原)
    第15回:6月11日(月)6限 18:15-19:45 コミュニケーション能力の確認 (朝日)

  • 使用される言語
    日本語

  • 教科書
    1.『ロジカル・コミュニケーション』安田正(著)日本実業出版社
    2.『ルールブック』
     初回講義までに各自で購入してください。

  • 参考文献
    特になし。

  • 成績評価方法
    試験 0%
    レポート 20% 講師が出す課題のレポートを提出
    平常点評価 70% 対話型講義ならびにグループディスカッション型講義に対する参加度
    その他 10% 講師から指定されたコミュニケーション能力養成のためのセミナーやシンポジムへの参加とそのレポート

  • 備考
    10回以上の出席がないと不可。修士学生は本科目を登録して受講でき、成績もつけられるが、取得単位数には含まれない。
    ※他大生・ポスドクの受講には、通学中の事故などをカバーする保険加入が必要。
    ※ひとクラスに占める他大生・ポスドクの割合に制限あり。

カリキュラム一覧に戻る>>


博士実践特論B:産業イノベーション(Innovation for Industry)

【早稲田大学 大学院カリキュラム:2単位】

  • 担当教員
    古川 行夫 (早稲田大学 理工学術院教授)
    阿部 正博 (早稲田大学 理工学術院客員教授)
    久村 春芳 (日産自動車(株) フェロー)
    西出 徹雄 ((社)日本化学工業協会 専務理事)
    高橋 浩  (早稲田大学 理工学術院客員教授)
    佐野 正克  (日産自動車(株) 技術顧問)

  • 講義日程
    2012/5/9〜2012/6/8 前期集中講義

  • 使用教室
    早稲田大学 西早稲田キャンパス(旧大久保キャンパス)54-B02

  • 講義概要
    21世紀に入り、世界規模での産業技術の大競争が始まった。経済を持続的に成長させていくには、絶え間ない産業イノベーションが必要であり、そのイノベーションを支える中核人材は、博士人材である。
    この講義では、高い研究能力と「付加能力」をあわせもつ博士人材育成の観点から、研究開発戦略、技術開発動向、イノベーションの実例、研究開発ロードマップなどについて、〇唆筏蚕僂亡悗錣觚Φ罅↓電機産業におけるイノベーション、1用研究/国際経済への貢献、す颪了唆筏蚕兩策、ゥぅ離戞璽轡腑鵑隼業を結ぶ、以上五つの視点から学び、「付加能力」をもつ実践的博士人材養成の一助とする。

  • 講義の到達目標
    研究開発戦略、技術開発動向、イノベーションの実例、研究開発ロードマップ等の実例学習を通して、イノベーションを担う研究リーダー養成を目指す。

  • シラバス(授業計画)
    第1回:5月9日(水)6限 18:15〜19:45  イノベーションとは何か(阿部正博)
    第2回:5月11日(金)5限 16:30〜18:00  大学で生まれた革新的サイエンスとテクノロジー例(高橋浩)
    第3回:5月11日(金)6限 18:15〜19:45  研究開発成果の保護とグローバル化(阿部正博)
    第4回:5月16日(金)6限 18:15〜19:45  電機産業とイノベーション(阿部正博)
    第5回:5月18日(金)5限 16:30〜18:00  研究開発に係わるマネージメント(佐野正克)
    第6回:5月18日(水)6限 18:15〜19:45  イノベーションを加速するには?(高橋浩)
    第7回:5月23日(水)6限 18:15〜19:45  自動車産業の歴史とイノベーション(佐野正克)
    第8回:5月25日(金)5限 16:30〜18:00  日産の研究開発戦略とイノベーション-1(久村春芳)
    第9回:5月25日(金)6限 18:15〜19:45  日産の研究開発戦略とイノベーション-2(久村春芳)
    第10回:5月30日(水)6限 18:15〜19:45  特別講義「知を使い、知を動かして、イノベーション」
     (ビズテック 代表取締役社長 佐藤千惠)
    第11回:6月1日(金)5限 16:30〜18:00  イノベーションと産業社会(西出徹雄)
    第12回:6月1日(金)6限 18:15〜19:45  化学産業とイノベーション(西出徹雄)
    第13回:6月6日(水)6限 18:15〜19:45  日本の産業が抱える課題(自動車産業から見て)(佐野正克)
    第14回:6月8日(金)5限 16:30〜18:00  特別講義「医薬産業とイノベーション」
     (博士キャリアセンター コーディネータ 高橋源昭)
    第15回:6月8日(金)6限 18:15〜19:45  総合討論(高橋浩)

  • 使用される言語
    日本語

  • 教科書
    特になし

  • 参考文献
    特になし

  • 成績評価方法
    試験 0%
    レポート    50% 講師が出す課題のレポートを提出
    平常点評価   50% 「クラスパーティシペーション」(積極性およびクラスに対する付加価値の度合い)を加味

  • 備考
    修士課程学生は本科目を登録して受講でき、成績もつけられるが、取得単位数には含まれない。
    ※他大生・ポスドクの受講には、通学中の事故などをカバーする保険加入が必要。
    ※ひとクラスに占める他大生・ポスドクの割合に制限あり。

カリキュラム一覧に戻る>>


実践的英語教育プログラム: Advanced Technical Presentation

【早稲田大学 大学院カリキュラム:1単位】

    博士キャリアセンターでは、△旅峙舛鮗講することを推奨致します。

  • 担当教員
    デイビス ロジャー (DAVIES, Roger J) (早稲田大学 理工学術院非常勤講師)
    ローズ ラルフ (ROSE, Ralph L) (早稲田大学 理工学術院准教授)
    ファーン グレン (FERN, Glenn) (早稲田大学 理工学術院非常勤講師)

  • 講義日程
    2012/4/9〜2012/7/30(前期) 月曜16:30〜18:00(5限)
    2012/4/10〜2012/7/31(前期) 火曜18:15〜19:45(6限)
    2012/4/11〜2012/8/1(前期) 水曜18:15〜19:45(6限)

  • 使用教室
    早稲田大学 西早稲田キャンパス(旧大久保キャンパス)
    61-302
    54-101
    54-104

  • 講義概要 <日本語(準備中)>
    In this course, students will develop the oral presentation skills needed to present scientific and technical research findings in their specialist field to an international conference audience. The course will be divided into four parts. In the first part of the course, there will be general discussion on the macro level aspects of oral presentations that need to be considered during the preparation process. These include purpose, intended audience, organization, flow, style, and delivery. There will also be a discussion on the problems associated with presentation Q&A and effective strategies to deal with these. In the second part of the course, there will be a short tutorial on how presentation software applications can be effectively used to explain the background, methods, results, and conclusions of scientific and engineering studies. In the third part of the course, students will be required to prepare and then give an oral presentation introducing the background to their current research. Students in the audience will be required to ask questions during the question time session, and submit a report on their impressions of the presentation and areas they think could be improved. Following a similar procedure, in part four of the course, students will be required to prepare and give a more complete presentation on the findings of their research similar to that given at an international conference. As in part three, students in the audience will be required to ask questions and submit an evaluation report. After each set of presentations, there will be a general discussion and feedback session that highlights problems and areas for improvement.

  • 履修上の注意
    1. Students are required to work individually or in groups, and give a series presentations of increasing sophistication in English during the span of the course. Students are also required to evaluate and submit reports on the presentations of other students in the class.
    Therefore, attendance and participation are an integral part of the course.
    2. A basic tutorial on the use of presentation software (Microsoft PowerPoint) will be given, although prior knowledge of such software is desired.

  • シラバス(授業計画) <日本語(準備中)>
    Week 1
    (1) General Introduction: Aims of course. Evaluation procedure.
    (2) Overview of Oral Presentations: Importance of oral presentations. Types of oral
    presentations. Differences between Japanese and English presentations.
    (3) Introductory-Presentation: Experiencing the problems of talking in front of people
    (4) Introductory-Presentation: Understanding body language

    Week 2
    Considerations when preparing an oral presentation - audience, purpose, organization

    Week 3
    Considerations when preparing an oral presentation - organization, style, flow, delivery

    Week 4
    (1) Introduction to presentation software (PowerPoint)
    (2) Slide design in PowerPoint (mastering the master slide)
    (3) Navigating slides in PowerPoint

    Week 5
    (1)Overview of Presentation One - Background to current research.
    (2)General design and format for Presentation One.
    (3)Guidelines for preparing presentations and completing evaluation reports.

    Week 6
    Presentation One (session 1) - Background to current research
    (5 minute presentation, 2 minute question/answer session)

    Week 7
    Presentation One (session 2) - Background to current research
    (5 minute presentation, 2 minute question/answer session)

    Week 8
    Presentation One discussion and feedback.

    Week 9
    Language of presentations (1)
    Explaining the Title/Outline/Introduction/Conclusion sections of a presentation

    Week 10
    Language of presentations (2)
    Explaining science and engineering methods/processes

    Week 11
    Language of presentations (3)
    Explaining data in the form of figures/tables

    Week 12
    Language of presentations (4)
    Understanding and answering questions from the audience

    Week 13
    (1) Overview of Presentation Two - Findings of current research
    (2) General design and format for Presentation Two.
    (3) Guidelines for preparing presentations and completing evaluation reports.
    (4) Group Work

    Week 14
    Presentation Two (session 1) - Findings of current research
    (8 minute presentation, 2 minute question/answer session)

    Week 15
    Presentation Two (session 2) - Findings of current research
    (8 minute presentation, 2 minute question/answer session)

  • 使用される言語
    English

  • 教科書・参考書・資料等
    Anthony, L. (2010) Presenting Research in Science and Engineering (2nd Edition).
    DTP Publishing, Tokyo, Japan.

  • 成績評価・方法
    Students will be evaluated based on a portfolio of work comprising of:
    1) Materials used to prepare a presentation on the background to their current research.
    2) PowerPoint file for the presentation on the background to their current research.
    3) Materials used to prepare a presentation on the findings of their current research.
    4) PowerPoint file for the presentation on the findings of their current research.
    5) Evaluation reports for other students’ presentations.

  • 備考
    ・定員を超えた場合は抽選になります。
    ・推奨科目であるAdvanced Technical Presentation(火曜18:15〜19:45(6限)ローズ先生)は、実践博士特論Bは講義日程が重複しますので、同時に登録・履修出来ません。同内容で後期にも設置されていますので、特論B受講を希望される方は、後期の受講をお勧めいたします。
    ポスドクの受講には、通学中の事故などをカバーする保険加入が必要。
    ※ひとクラスに占めるポスドクの割合に制限あり。
    ※他大生および他大/他機関ポスドクはの方は受講不可。

カリキュラム一覧に戻る>>


実践的英語教育プログラム: Advanced Technical Reading and Writing 1

【早稲田大学 大学院カリキュラム:1単位】

    博士キャリアセンターでは、△旅峙舛鮗講することを推奨致します。
    ポスドクはい僚乎羚峙舛鮗講することも可能です。

  • 担当教員
    デイビス ロジャー (DAVIES, Roger J) (早稲田大学 理工学術院非常勤講師)
    国吉 ニルソン (KUNIOSHI, Nilson) (早稲田大学 理工学術院准教授)
    プロシャン チェスター (PROSHAN, Chester) (早稲田大学 理工学術院非常勤講師)
    (↓早稲田大学以外のDC,PDのみ↓)
    アントニ ローレンス (ANTHONY, Laurence) (早稲田大学 理工学術院教授)

  • 講義日程
    2012/4/9〜2012/7/30(前期) 月曜18:15〜19:45(6限)
    2012/4/10〜2012/7/31(前期) 火曜14:45〜16:15(4限)
    2012/4/6〜2012/7/27(前期) 金曜18:15〜19:45(6限)
    日程調整中 (集中講義) 9:00〜18:00(1〜5限)

  • 授業の到達目標
    Students will learn how to write a research paper and will actually write one as the final report.

  • 使用教室
    早稲田大学 西早稲田キャンパス(旧大久保キャンパス)
    61-302
    63号館3階端末室Fルーム
    61-104
    つ汗庵

  • 講義概要 <日本語(準備中)>
    In this course, students will develop the scientific and technical reading and writing skills they need to understand and construct research articles in their specialized field. The course will be divided into three parts. In the first part of the course, students will learn about the characteristic features of quality research studies, and how science and engineering research articles are constructed in terms of intended audience, purpose, organization, flow, style, and presentation. In the second part of the course, students will learn how to avoid plagiarism in their writing through paraphrasing and the correct citation and referencing of other people's work. In the third part of the course, students will begin writing a research paper following a typical "Instructions for Authors" guide that is found in most journals. For each section of the research paper, the teacher will explain its unique features, and the common problems found in student writing. In particular, there will be a focus on noun phrases usage in titles, definition and tense usage in introductions, process explanations in the methods section, figure and table explanations in the results section, hedging in the results and discussion/conclusion section, and formatting in the reference section.

  • 履修上の注意
    1. Students are expected to attend each class, and actively participate in group and class discussions. Students will also be required to complete all homework exercises, and submit an extended report at the end of the semester.
    2. Bringing an advanced English/Japanese dictionary to class is recommended.

  • シラバス(授業計画) <日本語(準備中)>
    Week 1
    Introduction to technical writing:
    What is research
    How do you structure a research paper

    Week 2
    Understanding the audience and purpose of research papers

    Week 3
    Understanding the structure of research papers

    Week 4
    understanding the style, and presentation of research papers

    Week 5
    Reading research papers:
    macro level features of research papers

    Week 6
    Reading research papers:
    micro level features of research papers

    Week 7
    Writing a research paper proposal:
    choosing a topic, deciding a methodology

    Week 8
    Preparing to write a research paper:
    understanding the "Instructions for Authors" guide in a research journal, understanding the importance of citation and references

    Week 9
    Writing a research paper title:
    keywords, noun phrases, and prepositions

    Week 10
    Writing a research paper introduction:
    writing definitions, understanding tense usage

    Week 11
    Writing a research paper methods section:
    explaining methods and processes

    Week 12
    Writing a research paper results section:
    explaining figures and tables, adjusting the strength of interpretations using hedging

    Week 13
    Writing a research paper discussion/conclusion section:
    summarizing results, adjusting the strength of interpretations using hedging

    Week 14
    Writing a research paper reference section:
    citation and reference formatting in specialists fields

    Week 15
    Wrap-up:
    Summary of course
    Final report submission details

  • 使用される言語
    English

  • 教科書・参考書・資料等
    Course materials will be announced in the first lesson.

  • 成績評価・方法
    ,,
    ・Student evaluations will be based on class participation, a series of homework exercises, and an end of term report.


    ・試験: 0% There will be no final exam.
    ・レポート: 25% Partial reports will be evaluated.
    ・平常点評価: 0% Not applicable.
    ・その他: 75% The Final Report will be the main item in the evaluation.

  • 備考
    ・定員を超えた場合は抽選になります。
    ・6睛18:15〜19:45(6限)プロシャン先生の講義と実践博士特論Bは講義日程が重複しますので、同時に登録・履修出来ません。
    ・づ該クラスは先進理工学研究科の共同先進健康科学専攻(博士)のみの設置となっており、  定員の関係で今年度は他箇所からの履修を開いてはおりません。
    ポスドクの受講には、通学中の事故などをカバーする保険加入が必要。
    ※ひとクラスに占めるポスドクの割合に制限あり。
    ※他大生および他大/他機関ポスドクはの方は受講不可。

カリキュラム一覧に戻る>>


実践的英語教育プログラム:Professional Communication 1

【早稲田大学 大学院カリキュラム:1単位】

    博士キャリアセンターでは、,旅峙舛鮗講することを推奨致します。

  • 担当教員
    金徳 多恵子 (KINTOKU, Taeko) (早稲田大学 理工学術院非常勤講師)

  • 講義日程
    2012/4/13〜2012/7/27(前期) 金曜14:45〜16:15(4限)

  • 使用教室
    早稲田大学 西早稲田キャンパス(旧大久保キャンパス)61-302

  • 講義概要
    The objective of this course is to provide an essential guide to writing and presenting reports and papers in a clear, concise, and logical fashion. Students will also learn the basic principles of technical writing and professional communication: how to choose appropriate words (one word/one meaning), how to develop effective paragraphs (one paragraph/one topic), how to organize persuasive documents, and how to communicate ideas in real-world environments.
    ※金徳先生より
    「皆さんがいくら立派な研究をしても、いくら素晴らしい考えを抱いていても、書いて発表しなければ誰も認めてくれません。この授業では、科学・技術分野に不可欠な正確で、簡潔で、論理的な英文の書き方を講義と演習を通して指導します。また、プレゼンテーションにおける論理構成、及び効果的なコミュニケーションに不可欠なトーン(語調)、スタイル等についても折に触れ指導します」

  • シラバス(授業計画)
    Week 1
    Introduction to Professional Communication:
    Importance of accuracy, clarity, and conciseness in technical writing and communication
    Differences between spoken and written English

    Week 2
    Professional communication basics 1:
    Communicating at the sentence level - one word/one meaning, collocation, common errors in Japanese speaker writing

    Week 3
    Professional communication basics 2:
    Communicating at the paragraph level: topic sentences, supporting sentences, logical ordering-Importance of General-to-Particular Order

    Week 4
    Professional communication basics 3a:
    Communicating at the text level: audience, purpose, organization

    Week 5
    Professional communication basics 3b:
    Communicating at the text level: flow, style, and presentation

    Week 6
    Planning a research project: choosing a topic and reading the literature
    Citations, references, and how to avoid plagiarism

    Week 7
    Writing research papers 1: writing the title and abstract

    Week 8
    Writing research papers 2: describing methods and processes

    Week 9
    Writing research papers 3: explaining results

    Week 10
    Writing research papers 4: discussing results and making conclusions

    Week 11
    Presentation Basics 1:
    Writing and speaking conventions in professional communication

    Week 12
    Presentation Basics 2: Planning an oral presentation

    Week 13
    Student presentations 1

    Week 14
    Student presentations 2

    Week 15
    Summary of course
    Final report submission details

  • 使用される言語
    English

  • 教科書・参考書・資料等
    Course materials will be announced in the first lesson.
    Bringing an advanced English dictionary to class is recommended.

  • 成績評価・方法
    Student evaluations will be based on class participation, a series of homework exercises, and an end of term report.
    Students are expected to attend each class, and actively participate in group and class discussions. Students will also be required to complete all homework exercises, and submit an extended report at the end of the semester.

  • 備考
    ・定員を超えた場合は抽選になります。
    ポスドクの受講には、通学中の事故などをカバーする保険加入が必要。
    ※ひとクラスに占めるポスドクの割合に制限あり。
    ※他大生および他大/他機関ポスドクはの方は受講不可。

カリキュラム一覧に戻る>>


実践的英語教育プログラム:Professional Communication 1

【早稲田大学 大学院カリキュラム:1単位】

    博士キャリアセンターでは、,旅峙舛鮗講することを推奨致します。

  • 担当教員
    プロシャン チェスター (PROSHAN, Chester) (早稲田大学 理工学術院非常勤講師)

  • 講義日程
    2012/4/6〜2012/7/27(前期) 金曜16:30〜18:00(5限)

  • 使用教室
    早稲田大学 西早稲田キャンパス(旧大久保キャンパス)61-104
     
  • 講義概要
    調整中

  • シラバス(授業計画)
    調整中

  • 使用される言語
    English

  • 教科書・参考書・資料等
    調整中

  • 成績評価・方法
    調整中

  • 備考
    ・定員を超えた場合は抽選になります。
    ポスドクの受講には、通学中の事故などをカバーする保険加入が必要。
    ※ひとクラスに占めるポスドクの割合に制限あり。
    ※他大生および他大/他機関ポスドクはの方は受講不可。

カリキュラム一覧に戻る>>


実践的英語教育プログラム:Professional Communication 1

【早稲田大学 大学院カリキュラム:1単位】

    博士キャリアセンターでは、,旅峙舛鮗講することを推奨致します。

  • 担当教員
    平井 通宏 (HIRAI, Michihiro) (有限会社平井ランゲージ・サービシズ 取締役社長、早稲田大学 理工学術院非常勤講師)

  • 講義日程
    2012/4/10〜2012/7/31(前期) 火曜16:30〜18:00(5限)

  • 使用教室
    早稲田大学 西早稲田キャンパス(旧大久保キャンパス)54-201

  • 講義概要
    The objective of this course is to provide an essential guide to written and oral communication in English in science and engineering. It consists of three parts: (1) fundamentals (basic rules and guidelines) of technical writing, (2) the process of writing papers/reports, and (3) fundamentals of technical presentations. Students will learn these principles and guidelines and, toward the end of the course, will learn how to apply them. In addition, they will be trained in the aural comprehension of basic scientific expressions. They are required to submit a short paper and give (or just submit, depending on the number of students) a presentation in the field of science and engineering.

  • 授業の到達目標
    Students will be able to write a short paper or report that is comprehensible while meeting basic guidelines of technical writing and also to give an unsophisticated technical presentation in English.

  • 履修上の注意
    Students are expected to attend each class and participate in class activities (especially in the presentation part). They are also required to complete all homework and submit a paper/report and a presentation in the field of science and engineering.

  • シラバス(授業計画)
    Week 1) Overview of the course; Introduction to Professional Communication
    Week 2) Fundamentals of technical writing: General concepts and principles
    Week 3) Fundamentals of technical writing: Word-level rules
    Week 4) Fundamentals of technical writing: Sentence-level rules
    Week 5) Fundamentals of technical writing: Paragraphing
    Week 6) Writing research papers: Six basic aspects of paper writing
    Week 7) Writing research papers: Choosing a topic; Introduction
    Week 8) Writing research papers: Materials & Methods; Results
    Week 9) Writing research papers: Discussion; Conclusion
    Week 10) Fundamentals of presentations: Basic rules; Organization
    Week 11) Fundamentals of presentations: Slides; Scripts
    Week 12) Fundamentals of presentations: Language for presentations (1)
    Week 13) Fundamentals of presentations: Language for presentations (2)
    Week 14) Students' presentations (1)
    Week 15) Students' presentations (2)

  • 使用される言語
    English

  • 教科書
    No set textbooks
    Course materials will be distributed ad hoc.

  • 参考書・資料等
    For the presentation part, "エンジニアのための英語プレゼンテーション超克服テキスト" (平井通宏著、オーム社) will be used as a supplementary material (not mandatory).

  • 成績評価・方法
    * Short paper: 40%
    * Presentation: 30%
    * Homework: 20%
    * Participation: 10%

  • 備考
    ・定員を超えた場合は抽選になります。

    ポスドクの受講には、通学中の事故などをカバーする保険加入が必要。
    ※ひとクラスに占めるポスドクの割合に制限あり。
    ※他大生および他大/他機関ポスドクはの方は受講不可。

カリキュラム一覧に戻る>>


実践的英語教育プログラム: Workplace English 1

【早稲田大学 大学院カリキュラム:1単位】

  • 担当教員
    藤井 正嗣 (FUJII, Masatsugu) (早稲田大学 理工学術院教授)

  • 講義日程
    2012/4/10〜2012/7/30(前期) 火曜14:45〜16:15(4限)

  • 使用教室
    早稲田大学 西早稲田キャンパス(旧大久保キャンパス)54-201

  • 講義概要 <日本語(準備中)>
    In this course, students will develop their workplace presentation skills through lectures, projects and presentations. Activities will include listening to lectures in class, doing research on and analyzing companies, and giving presentations in the classroom.

  • 授業の到達目標
    1. Understand purpose of workplace presentations.
    2. Learn workplace presentation skills.
    3. Learn how to do research on and analyze companies.
    4. Give presentations on companies.
    5. Ask and answer simple and detailed questions about the presentation.

  • シラバス(授業計画) <日本語(準備中)>
    Week 1: Orientation
    Week 2: Building Presentation Skills-Define Your Objectives/Consider Your Audience
    Week 3: Building Presentation Skills- Decide Your Close/ Plan Your Opening
    Week 4: Building Presentation Skills- Develop Your Body/ Use Visual Aids
    Week 5: Building Presentation Skills- Put It All Together/Evaluate Your Presentation Skills
    Week 6: Analyzing Companies-Understanding companies’ marketing strategies
    Week 7: Analyzing Companies-Understanding companies’ financial performance
    Week 8: Analyzing Companies-Understanding companies’ human resources policies
    Week 9: Analyzing Companies-Understanding companies’ strategies
    Week 10: Analyzing Companies-Understanding companies’vision
    Week 11: Searching Company Information-Learn how to look for company information


    1. The Mid-term Examination will be a written test to check the students' understanding of effective presentation skills.
    2. The Final Examination will be a presenation in the classroom.

  • 使用される言語
    English

  • 教科書
    Necessary materials will be provided by the instructor in the classroom.

  • 参考文献
    The following books are recommended but not required.
    1. Masatsugu Fujii and Ruriko Nomura. English Expressions for Your Successful Presentation. 1st ed. Tokyo: Nikko Kikakku, 2003.
    2. Masatsugu Fujii and Richard Sheehan. MBA Basics in English. 1st ed. Tokyo: NHK Publishing, 2002.
    3. Masatsugu Fujii and Richard Sheehan. The Practical MBA for Business and Classroom Use. 1st ed. Tokyo: Chukei Shuppan 2008.

  • 成績評価・方法
    試験: 70%
    ・Mid-term examination = 30 %
    ・Final Examination = 40 %
    平常点評価: 30%
    ・The sudents will be graded based on their contributions to class discussions.

  • 備考
    ・定員を超えた場合は抽選になります。
    ・This is an interactive class. Students are encouraged to participate in class discussions actively.
    ・Students who miss more than 33% of the classes will receive an F for their final grade.

    関連URL:
    https://www.wnp7.waseda.jp/Rdb/app/ip/ipi0211.html?lang_kbn=0&kensaku_no=2875
    http://www.celese.sci.waseda.ac.jp/faculty/node/103

    ポスドクの受講には、通学中の事故などをカバーする保険加入が必要。
    ※ひとクラスに占めるポスドクの割合に制限あり。
    ※他大生および他大/他機関ポスドクはの方は受講不可。

カリキュラム一覧に戻る>>

 
 

|  TOP  |