具体的な取り組み

実践カリキュラム

    厳選された講座により、実践的博士に必要な基礎能力を涵養(08 年度より、大学院設置科目)

    2009年度実施カリキュラム>>
    過去の講義風景>>

    実践博士研修(実践プログラム)

    コーディネータが博士人材と企業に適した研修をテーラーメイド

    実践博士研修(実践プログラム)実施中の支援

    • 諸経費負担
      実践博士研修(実践プログラム)中の通勤交通費、宿泊費、日当は博士キャリアセンターが負担します。
    • コーディネータによるフォローアップ
      実践博士研修(実践プログラム)中は、経験豊富なコーディネータが不安や疑問、悩みなど相談に乗ります。
      お困りの際はお気軽にご相談ください。
    • ポスドクとしての雇用(学位取得者のみ)
      博士号取得者は、博士キャリアセンターでポスドクとして雇用することも可能です。
      ご相談ください。
    • 関係者への協力依頼
      本プログラムが学位取得に有利に働くよう、指導教員などにも本プログラムの意義・効果を説明し、ご協力を要請します。
    • 単位授与(早稲田大学学生のみ)
      本プログラムを受講頂くことで、単位取得が可能です。

    実践博士研修(実践プログラム)参加者の義務・留意事項

    • 連携機関・企業での研究内容など機密情報の守秘義務が発生します。
    • プログラム参加後は、最後まで完遂することが求められます。
    • 研究実習中は社会人として自覚ある行動を期待されます。

    このページのトップへ

    その他

    博士人材に有用なイベントなどを随時開催

    このページのトップへ

 
 

|  TOP  |