長期インターンシップについて

博士キャリアセンターで実施できる長期インターンシップ

国内外の企業研究所、研究機関等で研究開発の腕磨きや新規ビジネス創出を実践的に学ぶインターンシップ
早稲田大学と国内外の企業、研究機関等が研修プログラムを企画・実施しています。インターンシップ研修生は、意欲のある受講生の中から選考もしくは選抜され、国内外のインターンシップ先で原則2ヶ月間以上の研修を実施します。
長期インターンシップは以下3つのタイプから本人の希望や状況およびコーディネータとの面談結果を踏まえて実施します。


選べる3つのタイプの長期インターンシップ

  • 1 起業インターンシップ
    必要なプログラムを受講し、主にベンチャー企業や新規事業開発部門にて2〜3か月程度のインターンシップを実施し、起業や新規事業の創出に必要なスピード感、緊張感を体験し、現場で必要なことを学びます。新規ビジネスの立ち上げや研究成果を基にした起業を志す方を対象としています。(WASEDA-EDGE人材育成プログラム/アントレプレヌールシップ教育プログラムの一環として実施します。)
  • 2 産学協働イノベーション人材育成事業によるインターンシップ
    このインターンシップは、国内の有力企業が参加して実施する 大学院生(修士・博士)およびポスドクと企業の双方がWin−Win関係構築を目指しています。大学院生とポスドクは、専門性やキャリアプラン、インターンシップ時期、期間等をコーディネータに相談する事により、本人の希望や指導教員の理解を得たインターンシップが可能となります。
  • 3 博士キャリアセンター独自のインターンシップ(旧実践博士研修)
    早稲田大学と国内外の企業・研究機関が産学協同して研修プログラムを企画・実施します。実践カリキュラムを修了もしくは受講中の者の中から、高い能力を有し、産業界で活躍する意志のある者が選抜され、国内外の企業など研究の場に3ヶ月〜1年間長期派遣されます。 研修者の資質や研修プログラムの内容は学外の有識者により事前に評価され、研修の質が担保されています。

特徴(メリット)

  • 大学院教育・研究の一環として、指導教員の了承・協力のもと、プログラムに参加します。
  • 自分の個性にフィットし、かつ能力が発揮しやすい企業をコーディネータがマッチングします。
  • インターシップに係る経費支援のもと研修が出来ます。(一部例外あり)
  • 博士キャリアセンター独自のインターンシップ(タイプ)に参加・修了すると、学術論文に準ずる(特許出願などと同列の)一つとして評価されます。

インターンシップ研修中の支援

  • 諸経費負担
    インターンシップのタイプによって異なりますので、コーディネータにご相談ください。
  • コーディネータによるフォローアップ
    研修中は、経験豊富なコーディネータが不安や疑問、悩みなど相談に乗ります。お困りの際はお気軽にご相談ください。
  • 関係者への協力依頼
    本インターンシッププログラムが学位取得に有利に働くよう、指導教員などにも本インターンシッププログラムの意義・効果を説明し、ご協力を要請します。

参加者の義務・留意事項

  • 連携機関・企業での研究内容など機密情報の守秘義務が発生します。
  • プログラム参加後は、最後まで完遂することが求められます。
  • 研究実習中は社会人として自覚ある行動を期待されます。

長期インターンシップ先事例(過去の実例)

研究開発型

<化学・材料系>

  • 次世代太陽電池
  • ナノ結晶
  • 微生物による環境浄化
  • 有機/無機ハイブリッド材料
  • 燃料電池関連新材料
  • バイオマス向け新触媒、その他

<エレクトロニクス・情報系>

  • スピントロニクス
  • 量子情報処理
  • 有機エレクトロニクス
  • マルチコアシステム
  • 高度ヒューマーニンターフェース
  • 時系列データ解析、その他

<自動車・機械系>

  • 内燃機関の年商研究、
    燃焼シミュレーション技術
  • 電動駆動者の給電装置や
    新駆動ユニット
  • リチウムイオン電池、燃料電池、
    触媒などの次世代ユニット
  • 安全を確保し運転をアシスト
    するための次世代システム、その他

研究開発型

  • 海外スタートアップベンチャー。
  • 国内新規事業開発部門

その他過去の実施状況はこちらをご覧ください。


参加方法


  • 博士キャリアセンターへの参加登録済みであること(未登録の課は右のバナーよりご登録ください)
  • コーディネータとの面談実施をすることが必要となります。
    詳しくは本プログラムへ参加登録後、コーディネータまでお問い合わせください。

  • 研修実施フロー

    このページのトップに戻る>>



 
 

|  TOP  |