事業概要

早稲田大学は、産業分野でイノベーションを担いうる実践的な博士人材養成プログラムを実施しております。
このプログラムでは、学内に博士キャリアセンターを創設し、学内外の関連組織と協働することにより、産業分野で活躍できる博士人材を大学として戦略的・組織的に養成し、実社会に数多く輩出することを目指しております。

具体的には、年度ごとに若手研究者(博士課程大学院生、博士取得後5年以内の若手人材)100名程度を学内外から公募し、実社会で活躍するために必要なコミュニケーション、MOR・MOT、産業イノベーション、実用英語などの能力開発を行います。
また、実践博士研修(実践プログラム)(企業等での長期インターン、共同研究)を国内外の企業・研究機関と協働で作成し、20名程度の意欲のある若手研究者を選抜し、選抜者を長期派遣します。
実践博士研修では、水平連携のみでなく、異分野融合型の垂直連携を試みることで、幅広い知見を有する創造性豊かな人材養成を図ります。

背景

我が国をとりまく国際情勢を背景に、産学官が共同で人材を養成

早稲田大学の目指す人材養成システム

「世界市民の育成」を実現するための中長期的計画

  • 実学志向の高度人材を養成。
  • 社会と連携し、学生・大学院生が基礎力や実践力を身につけるための社会連携教育の展開。
 
 

|  TOP  |